トップ / インターネットエラーを解消

インターネットエラーを解消

インターネットの文字

インターネット閲覧中の文字化け

ブラウザでインターネットを見ていると、時々文字化けしたページに遭遇する事がありませんか?そのページで使用されている文字コードと、ブラウザが想定している文字コードが食い違っている場合に、正しい表示が出来ずに文字化けが起こってしまいます。インターネット・エクスプローラー等、どのブラウザでも文字コードを手動で指定する事が出来るのですが、選択肢として表示される文字コードが多過ぎてどれを選べばよいか分からない人も居るかと思います。日本のウェブサイトで使われる文字コードは概ね3種類に絞られます。「Unicode(UTF-8)」「日本語(シフトJIS)」「日本語(EUC)」です。なので、上記3つの文字コードを順番に試せば、すぐに正常に表示される文字コードが分かると思います。

遅い

文字化けの原因と対策

インターネットを利用してWebページの閲覧を行う際は極稀に文字化けの症状を引き起こす事例があり、様々な対策が必要となってきます。まず、ページの更新を試してみる方法が最も手軽となりますが、それだけでインターネットの文字化けが直らない場合には、ブラウザの設定などを見直す選択肢が代表的な手法とされます。ブラウザはWebページの情報を分析して画面へ表示する役割を果たしており、エンコードの処理が適切に行われていないと他国の言語として認識・出力されてしまう可能性が考えられます。ブラウザの設定を見直しても改善しない状況では、サーバー上のページ情報が破損している事も想定され、復旧するまで待つ必要性が生じてきます。

↑PAGE TOP

© Copyright インターネットの可能性. All rights reserved.